ガジェット

Apple Pencilの芯を交換した

今回はApple Pencilの芯を交換して使っていて良かったことと悪かったことについて話していきます。

created by Rinker
ブライトンネット
¥1,600 (2022/12/03 04:00:29時点 Amazon調べ-詳細)

私は絵はあまり描かないので完全に文字を書いたりノートを作ったりという用途で使用しています。

純正の芯への不満

正直現在純正の芯とiPadにアンチグレアフィルムを貼った状態で使用していたのですが、純正の芯は滑りすぎて文字を書くには書きずらかったです。

感想

良かったこと

  • 滑りが少なくなる
  • カツカツ音が少なくなる
  • 画質を落とすことはない
  • 価格が安い

滑りが少なくなる

純正のペンの芯先より滑りは少なくなります。

純正のペン先より少しゴムっぽいので滑りやすさは軽減できると思います。

少し粘り気のある書き味で,例えるとホワイトボードにホワイトボードマーカーで書いているのと同じ感じだと思います。

私は純正のペン先よりこのペンの書き味の方が好きでした。

カツカツ音が少なくなる

Apple Pencilを使っている方なら分かると思いますが,Apple純正のペン先で書いているとペン先も画面も硬いのでカツカツうるさいです。

家などで描くなら大丈夫だと思いますが,静かな環境でメモをとる場合にはカツカツ音が少し気になりました。

しかし,このペン先に交換することで,ペン先が少しゴムっぽくなり柔らかくなるのでカツカツ音がほぼなくなります。

画質を落とすことはない

ペーパーライクフィルムの場合には画質を落とすことがあり、動画を見たり書籍を見たり様々なことができるiPadでは画質が落ちるのは致命的です。

ペーパーライクフィルムを貼る場合には書き味を取るか、画質をとるかと両方両立することはできませんが、ペン先を交換することで本体自体の画質が落とすことがないのはこれを使う最大のメリットだと思います。

価格が安い

価格がペーパーライクフィルムを使うより安くで購入することができます。

これの価格は1500円以下で購入することができます。

ペーパーライクフィルムの場合には安くても2000円以上はすると思います。

悪かったこと

  • ぺんと紙の書き味ではない
  • デザインが変わる

ぺんと紙の書き味ではない

ペンで紙に書いたような書き味ではありません。

純正のペン先より滑りがなくなり良いのですが、紙とペンのような独特の引っかかりはないです。

上記でも書いたように私はホワイトボードにホワイトボードマーカーで書いているのと同じ感じだと思います。

デザインが変わる

芯の先を交換するので純正の芯の場合には色が白一色で統一性がありますが、この芯に交換することでスーパーソフトの場合には赤の芯先、ソフトの場合には黒の芯先になります。

まとめ

今回は私がApple Pencilのペン先を交換したレビューをしました。

今のところこれで満足しています。

しかし、私はペーパーライクフィルムを使ったことがないので、取り外し可能なペーパーライクフィルムもあったりするので少し気になっています。

参考にしていただけると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す